シミの原因は複数あり?メラニン色素で出来るメカニズム!

シミって厄介ですよね。肌に出来るモワーっとした黒いもの「シミ」はいくらケアをしても消えてくれない。

消しゴムで消えたらな~なんて考えちゃいますよね!

そんなシミを消したいのであれば、シミの原因を先に知っておく必要ががあります。シミの原因を知れば今後のシミの発生を予防することも出来ますし、シミを確実に無くす道へとすすめることが出来るでしょう。

 

シミの原因はいくつかあった?

シミができる原因はいくつかパターンがあります。特定してコレが原因!とは言えなんですよね…今回紹介するシミの原因で複数の原因でシミが出来てしまっている可能性もありますし、一つ一つ対策をしておく必要があります。

ではシミの原因を紹介を紹介していきます。

  • 紫外線
  • ホルモンバランスの変化
  • 摩擦などによる刺激

 

紫外線

シミと言われて一番に思いつくのが紫外線では無いかと思います。シミ以外にも肌トラブルのほとんどが紫外線が原因と言われていますが、地球に暮らす以上紫外線は避けては通れません。

紫外線にも大きく分けて数種類があるのですが、基本的は皮膚を貫通する性質をもっている為、シミの原因であるメラノサイトを活性化させ、メラニンを増殖させてしまいます。曇りの日や室内でも窓ガラスからも貫通してきますので対策は必要です。

また、細胞を破壊す性質を持ち皮膚癌の原因にもなる紫外線もありますので注意が必要です。

紫外線は夏にしかないとい思われがちですが、冬でも弱いながら紫外線は発生しています。

多く紫外線に当たっているほどシミが出来やすいので紫外線対策が必要です。

 

ホルモンバランスの変化

  • 妊娠中
  • 出産後
  • 生理不順

といったような期間は女性ホルモンのバランスが崩れやすく、メラニン色素が増えやすくなってしまいます。

 

摩擦などによる刺激

最後は摩擦などによる刺激による原因です。摩擦とシミって関係なくない?と思われがちですが、全くそんなことはありませんよ!

メラニンは刺激を受けると肌を守るために増殖してしまいます。増殖したメラニン色素はシミになり、肌は硬くなってしまいますので恐ろしいですよね…

摩擦などによる刺激が原因ですと、どっちかというとシミよりも黒ずみになる可能性が多いでしょう。

シミも黒ずみも似ていますが、どちらも顔が黒くなってしまいますから嫌ですよね?

 

シミが出来るメカニズム

シミっていうとスキンケアの敵とも思われがちですが、人間の肌の仕組みとしては正常というより健康的な証拠でもあります。

シミの元々の原因であるメラニン色素は外部からの刺激から守っているからです。

  • 紫外線→紫外線から肌を守るため
  • ホルモンバランスの変化→敏感な時期なので外部から身体を守るため
  • 摩擦などによる刺激→外部の刺激から身体を守るため

このようにシミが出来る原因を紐解けば身体を守ってくれていたのだなと感じると思いますが、普通に迷惑ですよね(笑)

 

シミは様々な原因によってメラニン色素が増殖するのが原因です。実はメラニン色素は毎日出来ているんです。出来たメラニン色素はターンオーバーによって身体の外へ排出されるのですが、刺激や紫外線などを受け、肌を守ろうとする働きになってしまうとシミが出来てしまうんですよね。

逆にターンオーバーが乱れていてメラニン色素を正常に排出できずにシミとなる可能性も考えられます。シミ以外にもターンオーバーは重要な役割を担っていますので、ぜひご自身のターンオーバーを見直して見てくださいね。