シミに効果的なハイドロキノンとは?漂白剤で刺激が強い?

シミを改善しようと思い、ネットで色々と調べていると「ハイドロキノン」が有効ということが色々なサイトで書かれているかとおもいます。

ハイドロキノンの漂白剤とも言われるくらいですので美白効果には期待ができそうですよね?

様々なシミケア商品に配合されているハイドロキノンですが、この成分ってどんな効果があるの?安全なの?といった事が気になるかと思います。

この記事ではハイドロキノンについて紹介していきたいと思います。

 

ハイドロキノンって?

ハイドロキノンという成分は、効果に期待ができる美白成分です。メラニンの生成を抑える働きにも期待ができるのでシミ予防にも効果的と言われています。

メラニン色素は酸化することによりシミ色(茶色)に変化していきますが、ハイドロキノンはメラニンを薄くする働きがああるため、シミを薄くすることが可能になるということでもあります。

ハイドロキノンが漂白剤と言われる理由は、他の美白成分に比べて圧倒的な力があるからです。

  • ビタミンC
  • アルブチン
  • コウジ酸

などの美白成分と比べた具体的な数値で表すと100倍とも言われています。

ハイドロキノンはシミを予防するのと薄くする働きを兼ね揃えたシミにぴったりな成分です。

 

ハイドロキノンって安全なの?

ハイドロキノンは漂白剤とも呼ばれている成分ですので、刺激が強そうって考えるかと思います。確かに刺激強いです。

美白効果が高すぎたために効きすぎてしまい白斑になったという報告もあります。

5%と10%などと配合成分によって効果が変わってきますが、一番安全なのは美容クリニックで処方されてもらったものがいいでしょう。

 

ハイドロキノンは、現在、医薬部外品の美白有効成分としては認められていません。医薬部外品は安全に使用できるものを認めていますので、その面からみても、ハイドロキノンは少しリスクが高いと言えるでしょう。

 

そんなちょっぴり危険な香りがするハイドロキノンではりますが、ハイドロキノンを安全にした作られた「安定型ハイドロキノン」というのも存在でします。

酸化の変化が起こりにくく刺激も少なくハイドロキノンの比べて安全に使用することが出来ます。

その他ハイドロキノン誘導体というものも存在します。こちらはハイドロキノンに”似ている”成分であり、核なる働きには少し違いが出てしまいハイドロキノンほどの美白効果は期待できません。

もしもハイドロキノンを使いたいのでしたら「安定型ハイドロキノン」が配合された化粧品を使用することをオススメします。