シミに効果的なハイドロキノンとは?漂白剤で刺激が強い?

シミを改善しようと思い、ネットで色々と調べていると「ハイドロキノン」が有効ということが色々なサイトで書かれているかとおもいます。

ハイドロキノンの漂白剤とも言われるくらいですので美白効果には期待ができそうですよね?

様々なシミケア商品に配合されているハイドロキノンですが、この成分ってどんな効果があるの?安全なの?といった事が気になるかと思います。

この記事ではハイドロキノンについて紹介していきたいと思います。

 

ハイドロキノンって?

ハイドロキノンという成分は、効果に期待ができる美白成分です。メラニンの生成を抑える働きにも期待ができるのでシミ予防にも効果的と言われています。

メラニン色素は酸化することによりシミ色(茶色)に変化していきますが、ハイドロキノンはメラニンを薄くする働きがああるため、シミを薄くすることが可能になるということでもあります。

ハイドロキノンが漂白剤と言われる理由は、他の美白成分に比べて圧倒的な力があるからです。

  • ビタミンC
  • アルブチン
  • コウジ酸

などの美白成分と比べた具体的な数値で表すと100倍とも言われています。

ハイドロキノンはシミを予防するのと薄くする働きを兼ね揃えたシミにぴったりな成分です。

 

ハイドロキノンって安全なの?

ハイドロキノンは漂白剤とも呼ばれている成分ですので、刺激が強そうって考えるかと思います。確かに刺激強いです。

美白効果が高すぎたために効きすぎてしまい白斑になったという報告もあります。

5%と10%などと配合成分によって効果が変わってきますが、一番安全なのは美容クリニックで処方されてもらったものがいいでしょう。

 

ハイドロキノンは、現在、医薬部外品の美白有効成分としては認められていません。医薬部外品は安全に使用できるものを認めていますので、その面からみても、ハイドロキノンは少しリスクが高いと言えるでしょう。

 

そんなちょっぴり危険な香りがするハイドロキノンではりますが、ハイドロキノンを安全にした作られた「安定型ハイドロキノン」というのも存在でします。

酸化の変化が起こりにくく刺激も少なくハイドロキノンの比べて安全に使用することが出来ます。

その他ハイドロキノン誘導体というものも存在します。こちらはハイドロキノンに”似ている”成分であり、核なる働きには少し違いが出てしまいハイドロキノンほどの美白効果は期待できません。

もしもハイドロキノンを使いたいのでしたら「安定型ハイドロキノン」が配合された化粧品を使用することをオススメします。

 

シミが出来る原因とシミが治る仕組み

年齢を重ねていくにつれ、シミに悩まされている女性は多いと思いますが、そもそもシミが出来る原因って何かご存知でしょうか?

外に出ると太陽の紫外線によりシミが出来る

ということはなんとなく聞いたことがあると思います。

でも実は、シミの原因ってこの紫外線だけではないんで。他にもシミができる要因となるものがありますの、いくら紫外線対策をしても、他のシミができる要因に当てはまってしまった場合は残念ながらシミが出来てしまうでしょう。

シミを改善する前に、まずはシミが出来る原因をしり、これ以上シミができるのを防ぐ必要があるでしょう。

また、そんな出来たシミが治る仕組みについても紹介していきます。

 

シミの原因は紫外線

これはみなさんご存知かと思いますが、シミができる多くな要因となるのが「紫外線」です。シミ以外にも黒ずみや肌の乾燥や皮脂分泌、毛穴など、肌トラブルのほとんどが紫外線が原因といわれているくらい肌にとっては悪なる存在です。

UV-A、UV-Bという2つの紫外線があり波長の長さのちがいがあるのですが、どちらも肌に悪となるのにはかわりません。

  • くもり空
  • 車の中

といった場所でも紫外線は多くありますので、外に出た時点で対策は必要でしょう。

また、紫外線は夏に出ると思われがちですが、太陽によって発生されますので冬場であっても紫外線は発生してしまいます。

紫外線のピークは5月~8月ですが、冬でも紫外線はなくなることはありません。

 

シミの原因は女性ホルモン変化

紫外線以外に、女性ホルモンのバランスが崩れたことによりシミが出来ることがあります。

妊娠や出産や更年期などの節目となる時期は女性ホルモンのバランスが崩れてしまいますので、メラニンの生成が高まってしまいシミが出来てしまうのです。

 

シミの原因は摩擦や刺激

肌が摩擦を受けたり刺激を与えられると、シミの原因であるメラニン色素が発生していまいます。極力肌に刺激を与えないこともシミ対策で必要なことでもあります。

  • 紫外線・刺激は外的
  • ホルモンは内的

どちらも同時に対策する必要がありますね。

 

あなたのシミが治る仕組みとは?

シミが治る仕組みを簡単に解説すると、「ターンオーバーによってメラニン色素が正常に体外へ排出されシミが改善します」ということになります。

肌の生まれ変わりの機能であるターンオーバーによってシミは古い角質とともに、体外へ剥がれ落ちて排出されます。

シミが出来てしまっているということはターンオーバーが正常になっていない(低下したターンオーバー)ということですので、シミ改善ではターンオーバーが改善の鍵となります。

 

ターンオーバーを改善するには

  • ビタミンCのを取り入れる
  • 規則正しい生活をする
  • 美白美容液を使う

といった事が効果的でしょう。

特に美白美容液はターンオーバーを改善して促進させる働きのある成分を配合していますので効果的でしょう。

シミには尿素が効果的って本当?保湿力が高すぎる?

シミは誰しもが一度は悩む肌トラブルだと思います。今ウェブサイトやSNSで話題になっているのが「シミの改善には尿素入りの化粧品良い」ということです。

尿素入りの化粧品って何?

って思いますよね。えは本当に尿素入りの化粧品はシミにも効果的なのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

 

結論、尿素はシミに効果的ではない

早速結論をお伝えすると、尿素はシミへの改善に効果的ではありません。尿素入の化粧品を使っても肌のシミは消えませんし治りません

そもそも「尿素」というのはどのようなものなのでしょうか?

尿素は元々は人間の皮膚に7%程度含まれていると言われており、汗などと一緒に体外へ流れるようになっています。この尿素は角質層の一番外側の保湿力を高める効果に期待ができます。

 

尿素=保湿力が高い

 

ということになりますね。

 

シミを改善するためにはターンオーバーを促進させる必要があります。ターンオーバーを促進させるには保湿力を高める必要があります。

「え?保湿ってシミには良い働きになるんじゃないの?」

と思われる人も多いかと思いますが、実は保湿すれば全部が全部いいってことでもないのです。むしろ害になる場合もあるということです。

特に尿素の保湿力は高すぎるので、人によってはこの保湿力がシミには害になる可能性があります。

なぜ保湿が高すぎて害になるのかと言いますと、保湿成分が肌の表面にまとわりつくことでターンオーバーで古い角質を落とすのを妨げてしまう可能性があるのです。

 

これって実は知らない人が多く、保湿があればいいとベタベタ保湿をしてしまって毛穴に保湿成分がつまり、皮脂がつまり、シミだけでなくニキビが出来てしまうこともあるのです。

 

シミを改善するには適度な保湿力が必要

尿素がシミに全く効果がないというわけではありません。肌に水分がなく保湿力が低い乾燥肌の人にとっては、尿素の保湿効果は丁度いい場合もあるでしょう。

逆に肌に皮脂が多く分泌されている体質である脂性肌の人にとっては、保湿力が高すぎて逆効果になる可能性があります。

ですので、尿素は人によって効果は変化するので基本的にはオススメはできません。

一番シミに効果的なのは「シミケアクリーム」などの使用です。

シミケアクリームは適度な保湿力を持っているので、ターンオーバーを正常にする他、美白成分を配合していますので、シミケアには効果的と言えるでしょう。

シミを改善する方法としては、他にピーリングなどもありますが、そちらは値段がかかってしまいますので、オススメは出来ません。

シミケアクリーム(ジェル)の使用をオススメします。

シミが出来やすいのはなぜ?体質?改善するには?

シミは女性にとって肌の最大悩み。シミができてしまうと、実年齢よりも老けて見られてしまうので、コミュニケーションで不利になっている人も多いかと思います。

そんなシミを改善するために様々なスキンケア商品が販売されていますが、本当に効果があるのでしょうか?

というより、そもそもシミが出来やすい人の特徴はどのような人がいるのでしょうか?

この記事ではシミが出来やすい人の特徴をまとめていきます。

 

シミが出来やすいとの特徴

シミは出来やすい人とできにくい人がいます。では、あなたはシミが出来やすい要件に当てはますでしょうか?以下のチェックポイント確認してみてください。

  • あざができやすい
  • 脂性肌
  • 吹き出物やニキビが出来やすい
  • 生理血に塊ができる
  • 生理痛が重い

このようなことに当てはまる方はシミが出来やすいと言えるでしょう。

「皮膚は内蔵の塊」と昔から言われていることはご存知でしょうか?肌トラブルがある場合、肌だけのトラブルかと思われますが、実は内蔵の問題でもあるかもしれません。

肌荒れが一向に治らないあなたは、もしかすると肌の改善が必要なのではなく、もしかすると身体の内部の完全が必要なのかもしれませんね。

 

シミが繰り返しできてしまう体質があった?

先程紹介した体質の他に、実はシミが出来やすい、シミが繰り返し出来てしまう体質がいます。

それが「瘀血体質」です。

瘀血体質とは、身体の血のめぐりが悪くなる症状で、身体の内部の老廃粒を体外へ排出できなくなる症状があります。血の巡りが悪いとターンオーバーも正常になりませんのでシミの改善にもよくありません。

瘀血体質はで血の巡りが悪くなる要因としては、毎日の生活習慣が重要です。瘀血体質にな原因を解説していきたいと思います。

  • 食生活
  • 血の巡り
  • 身体の冷え
  • ストレス

これらの原因によりシミができやすくなってしまいますので、シミの予防と改善をするためにはこれらの原因を廃城する必要があります。

 

シミを改善するためにはピーリング?

シミを改善する方法としてはピーリングという方法があります。皮膚の表面を数ミリ削り、古い角質を剥がすという方法です。シミを改善させるためには、新しい皮膚を作り出す必要があります。ケミカルピーリングは薬剤により肌の表面をの古い角質を取り除きます。

しかし、ケミカルピーリングは角質を強制的に取り除くわけですから肌にはかなりの負担になること間違いありません。

安全性を重視するのでしたらピーリングではなく、シミとり化粧品などの使用をオススメします。

シミの改善にピーリングはあり?他との組み合わせがベスト!

女性の多くのお肌トラブルとなる「シミ」。顔にできると老けて見られてしまい嫌ですよね…

そんなシミの改善にピーリングは効果的なのでしょうか?

 

ピーリングはシミに間接的に働く

結論からお伝えすると、ピーリングはシミに間接的に働く効果に期待ができます。

シミはメラニンを増殖させないことが一番のシミ対策ではありますが、シミを改善させるためピーリングは効果的です。

 

その理由はターンオーバー

 

出来てしまったシミを改善するにはターンオーバーを正常にして、古い角質を除去してあげる必要があります。

「ケミカルピーリング」は薬剤をは肌に塗り、肌表面の古い角質を取り除くという治療法です。主な働きは角質除去ですので、肌に溜まった古い角質をピーリングで除去して、ターンオーバーを促進し、間接的にシミに効果的な状況を作り出すことが可能です。

直接的にシミを除去する働きはありませんが、シミがなくなりやすい環境作りをすることが可能です。

 

ピーリングの危険性とは?

ケミカルピーリングは肌への負担は少ないのが特徴です。角質を除去ということから危険な治療をしているのではないかと想像されてますが、実はとても安全な治療方です。

シミ治療の方法としてある

  • レーザー治療
  • 光治療

といったものに比べても安全性は高く、ダウンタイムなどもなく気軽に治療を受けることが出来ます。

 

ピーリング以外にも他の治療と組合わるのがシミにおすすめ

ケミカルピーリングはすでにあるシミ対策改善はもちろん、シミ予防にも多少効果が期待できる治療法でありますが、実際に効果がでるまでは緩やかで、期間が長くなってしまうこともあります。

あくまでもケミカルピーリングはサブ的な働きをさせ、メインとしては他の治療をすることをオススメします。

即効性を求めるのでしたら、光治療やレーザー治療を美容クリニックで受けるのもいいかとお思いますが、肌への負担を極力なくしたいと考えているのでしたら、ネット通販や薬局などで販売しているシミケア商品を使用してみましょう。

これらの商品には即効性はありませんが、肌への負担を最小限に抑えていますので、敏感肌や乾燥肌の方のシミ改善としても良いでしょう。

 

ケミカルピーリングの値段

最後にケミカルピーリングの値段についてお伝えしていきます。ケミカルピーリングは美容クリニック以外に皮膚科でも施術を受けることが出来ますが、保険適用外となるため費用が高めになってしまいます。

相場としては1回の治療で7000円~10000程度。

もちろん1回で終わりではなく、通院する必要があり、最終的には6回から12回の治療が必要になってきます。

  • 6回で42000円~60000円
  • 12回で84000円~12000円

といった金額が必要になってきます。

シミの種類ってどんなのがある?症状別対処法まとめ

シミは様々な用意によって引き起こされます。簡単にシミが出来る原因を解説すると、シミはメラニン色素が原因で発生します。メラニン色素はメラノサイトから発生するのですが、メラニンは、肌に刺激を受けたときにバリア機能としては肌を厚く強くしようとします。その過程でメラニンが作られます。

シミはスキンケアの観点から言えば嫌われてていますが、人間の仕組みから言うと肌を守るためのものですので必要不可欠なものでもあります。

一番は肌に刺激を与えないことですね!

そんな刺激から起こるシミですが、シミにも様々な種類があるのがご存知でしょうか?

ここでは代表的なシミの種類を解説していきたいと思います。

 

日光黒子(にっこうこくし)

原因は紫外線で、よく紫外線を浴びている方がこのシミに当てはまります。老人性色素斑とも呼ばれているシミで、大きさは0.1センチ未満で小さめです。

顔以外にも手や背中や腕にも出来るのが特徴です。

対処法としては、美白化粧品による改善が良いでしょう。また、紫外線が原因ですので日焼け止めクリームなどでの紫外線予防もおすすめします。他のシミに比べて一番治りやすく、予防もしやすいです。

美白化粧品でケアをしても治らなかったり悪化した場合はレーザー治療を視野にいれもいいかと思います。

 

雀卵斑(じゃくらんはん)

原因は遺伝です。遺伝ですので小さい頃からあったり家族にもある場合はこのシミに当てはまります。ソバカスとも呼ばれているシミで、4mm以下の大きさでパラパラと分布しています。思春期に多く見れてる。

そばかすは遺伝的なものですので具体的な対処法としてはありません。先天的なものの場合は成長で改善する可能性が考えられます。

 

肝斑(かんぱん)

原因はホルモンバランスです。30代から40代にかけて、左右対象に目の周りを避けて出来ます。ホルモンバランスが乱れてる時期(妊娠中・更年期)などに起こりやすく、高齢者での症状は当てはまりません。紫外線やレーザー治療で悪化するとも言われていますので治療には注意が必要です。

対処法としては美白美容品が効果的です。トラネキサム酸の服用で改善させる効果も期待ができます。レーザーなどの外部からの治療ではなく、内服による治療が一般的です。

 

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

原因はやけどやニキビ、かぶれなどの肌の炎症です。やけどやニキビなどによって起きた肌トラブルや、化粧品などによる成分によるかぶれの影響でシミが出来る場合もあります。年齢や性別関係なくできますが、怪我のようなものなので時間が経てば自然と薄く治ることがほとんどです。

 

シミの原因は複数あり?メラニン色素で出来るメカニズム!

シミって厄介ですよね。肌に出来るモワーっとした黒いもの「シミ」はいくらケアをしても消えてくれない。

消しゴムで消えたらな~なんて考えちゃいますよね!

そんなシミを消したいのであれば、シミの原因を先に知っておく必要ががあります。シミの原因を知れば今後のシミの発生を予防することも出来ますし、シミを確実に無くす道へとすすめることが出来るでしょう。

 

シミの原因はいくつかあった?

シミができる原因はいくつかパターンがあります。特定してコレが原因!とは言えなんですよね…今回紹介するシミの原因で複数の原因でシミが出来てしまっている可能性もありますし、一つ一つ対策をしておく必要があります。

ではシミの原因を紹介を紹介していきます。

  • 紫外線
  • ホルモンバランスの変化
  • 摩擦などによる刺激

 

紫外線

シミと言われて一番に思いつくのが紫外線では無いかと思います。シミ以外にも肌トラブルのほとんどが紫外線が原因と言われていますが、地球に暮らす以上紫外線は避けては通れません。

紫外線にも大きく分けて数種類があるのですが、基本的は皮膚を貫通する性質をもっている為、シミの原因であるメラノサイトを活性化させ、メラニンを増殖させてしまいます。曇りの日や室内でも窓ガラスからも貫通してきますので対策は必要です。

また、細胞を破壊す性質を持ち皮膚癌の原因にもなる紫外線もありますので注意が必要です。

紫外線は夏にしかないとい思われがちですが、冬でも弱いながら紫外線は発生しています。

多く紫外線に当たっているほどシミが出来やすいので紫外線対策が必要です。

 

ホルモンバランスの変化

  • 妊娠中
  • 出産後
  • 生理不順

といったような期間は女性ホルモンのバランスが崩れやすく、メラニン色素が増えやすくなってしまいます。

 

摩擦などによる刺激

最後は摩擦などによる刺激による原因です。摩擦とシミって関係なくない?と思われがちですが、全くそんなことはありませんよ!

メラニンは刺激を受けると肌を守るために増殖してしまいます。増殖したメラニン色素はシミになり、肌は硬くなってしまいますので恐ろしいですよね…

摩擦などによる刺激が原因ですと、どっちかというとシミよりも黒ずみになる可能性が多いでしょう。

シミも黒ずみも似ていますが、どちらも顔が黒くなってしまいますから嫌ですよね?

 

シミが出来るメカニズム

シミっていうとスキンケアの敵とも思われがちですが、人間の肌の仕組みとしては正常というより健康的な証拠でもあります。

シミの元々の原因であるメラニン色素は外部からの刺激から守っているからです。

  • 紫外線→紫外線から肌を守るため
  • ホルモンバランスの変化→敏感な時期なので外部から身体を守るため
  • 摩擦などによる刺激→外部の刺激から身体を守るため

このようにシミが出来る原因を紐解けば身体を守ってくれていたのだなと感じると思いますが、普通に迷惑ですよね(笑)

 

シミは様々な原因によってメラニン色素が増殖するのが原因です。実はメラニン色素は毎日出来ているんです。出来たメラニン色素はターンオーバーによって身体の外へ排出されるのですが、刺激や紫外線などを受け、肌を守ろうとする働きになってしまうとシミが出来てしまうんですよね。

逆にターンオーバーが乱れていてメラニン色素を正常に排出できずにシミとなる可能性も考えられます。シミ以外にもターンオーバーは重要な役割を担っていますので、ぜひご自身のターンオーバーを見直して見てくださいね。