シミが出来る原因とシミが治る仕組み

年齢を重ねていくにつれ、シミに悩まされている女性は多いと思いますが、そもそもシミが出来る原因って何かご存知でしょうか?

外に出ると太陽の紫外線によりシミが出来る

ということはなんとなく聞いたことがあると思います。

でも実は、シミの原因ってこの紫外線だけではないんで。他にもシミができる要因となるものがありますの、いくら紫外線対策をしても、他のシミができる要因に当てはまってしまった場合は残念ながらシミが出来てしまうでしょう。

シミを改善する前に、まずはシミが出来る原因をしり、これ以上シミができるのを防ぐ必要があるでしょう。

また、そんな出来たシミが治る仕組みについても紹介していきます。

 

シミの原因は紫外線

これはみなさんご存知かと思いますが、シミができる多くな要因となるのが「紫外線」です。シミ以外にも黒ずみや肌の乾燥や皮脂分泌、毛穴など、肌トラブルのほとんどが紫外線が原因といわれているくらい肌にとっては悪なる存在です。

UV-A、UV-Bという2つの紫外線があり波長の長さのちがいがあるのですが、どちらも肌に悪となるのにはかわりません。

  • くもり空
  • 車の中

といった場所でも紫外線は多くありますので、外に出た時点で対策は必要でしょう。

また、紫外線は夏に出ると思われがちですが、太陽によって発生されますので冬場であっても紫外線は発生してしまいます。

紫外線のピークは5月~8月ですが、冬でも紫外線はなくなることはありません。

 

シミの原因は女性ホルモン変化

紫外線以外に、女性ホルモンのバランスが崩れたことによりシミが出来ることがあります。

妊娠や出産や更年期などの節目となる時期は女性ホルモンのバランスが崩れてしまいますので、メラニンの生成が高まってしまいシミが出来てしまうのです。

 

シミの原因は摩擦や刺激

肌が摩擦を受けたり刺激を与えられると、シミの原因であるメラニン色素が発生していまいます。極力肌に刺激を与えないこともシミ対策で必要なことでもあります。

  • 紫外線・刺激は外的
  • ホルモンは内的

どちらも同時に対策する必要がありますね。

 

あなたのシミが治る仕組みとは?

シミが治る仕組みを簡単に解説すると、「ターンオーバーによってメラニン色素が正常に体外へ排出されシミが改善します」ということになります。

肌の生まれ変わりの機能であるターンオーバーによってシミは古い角質とともに、体外へ剥がれ落ちて排出されます。

シミが出来てしまっているということはターンオーバーが正常になっていない(低下したターンオーバー)ということですので、シミ改善ではターンオーバーが改善の鍵となります。

 

ターンオーバーを改善するには

  • ビタミンCのを取り入れる
  • 規則正しい生活をする
  • 美白美容液を使う

といった事が効果的でしょう。

特に美白美容液はターンオーバーを改善して促進させる働きのある成分を配合していますので効果的でしょう。