シミの種類ってどんなのがある?症状別対処法まとめ

シミは様々な用意によって引き起こされます。簡単にシミが出来る原因を解説すると、シミはメラニン色素が原因で発生します。メラニン色素はメラノサイトから発生するのですが、メラニンは、肌に刺激を受けたときにバリア機能としては肌を厚く強くしようとします。その過程でメラニンが作られます。

シミはスキンケアの観点から言えば嫌われてていますが、人間の仕組みから言うと肌を守るためのものですので必要不可欠なものでもあります。

一番は肌に刺激を与えないことですね!

そんな刺激から起こるシミですが、シミにも様々な種類があるのがご存知でしょうか?

ここでは代表的なシミの種類を解説していきたいと思います。

 

日光黒子(にっこうこくし)

原因は紫外線で、よく紫外線を浴びている方がこのシミに当てはまります。老人性色素斑とも呼ばれているシミで、大きさは0.1センチ未満で小さめです。

顔以外にも手や背中や腕にも出来るのが特徴です。

対処法としては、美白化粧品による改善が良いでしょう。また、紫外線が原因ですので日焼け止めクリームなどでの紫外線予防もおすすめします。他のシミに比べて一番治りやすく、予防もしやすいです。

美白化粧品でケアをしても治らなかったり悪化した場合はレーザー治療を視野にいれもいいかと思います。

 

雀卵斑(じゃくらんはん)

原因は遺伝です。遺伝ですので小さい頃からあったり家族にもある場合はこのシミに当てはまります。ソバカスとも呼ばれているシミで、4mm以下の大きさでパラパラと分布しています。思春期に多く見れてる。

そばかすは遺伝的なものですので具体的な対処法としてはありません。先天的なものの場合は成長で改善する可能性が考えられます。

 

肝斑(かんぱん)

原因はホルモンバランスです。30代から40代にかけて、左右対象に目の周りを避けて出来ます。ホルモンバランスが乱れてる時期(妊娠中・更年期)などに起こりやすく、高齢者での症状は当てはまりません。紫外線やレーザー治療で悪化するとも言われていますので治療には注意が必要です。

対処法としては美白美容品が効果的です。トラネキサム酸の服用で改善させる効果も期待ができます。レーザーなどの外部からの治療ではなく、内服による治療が一般的です。

 

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

原因はやけどやニキビ、かぶれなどの肌の炎症です。やけどやニキビなどによって起きた肌トラブルや、化粧品などによる成分によるかぶれの影響でシミが出来る場合もあります。年齢や性別関係なくできますが、怪我のようなものなので時間が経てば自然と薄く治ることがほとんどです。